読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューロンの集合体が性格を形成する⁈

人間科学に…ニューロンが集団になると単一細胞である個々のニューロンとは違って、遺伝子とは別種の情報を処理することが可能になる。

脳においてすべての情報はニューロンの興奮、すなわちインパルスに関連した「なにか」に翻訳されるとしか考えられない。

インパルスそのものが脳で情報が記号化する時の基本単位であるとすれば、脳におけるすべての情報は極めて単純にデジタルに記号化されている事になる…とあります。

 

非科学的現象の観点から外的要素の性格形成因子a1からa5の何らかの物質因子が脳においてインパルスに関連した「なにか」に翻訳されているとすると、人間科学のインパルスそのものが脳で情報が記号化する時の基本単位であるなら性格形成因子a1からa5の基本単位は脳内では単純にデジタルに記号化されているという考え方ができます。

 

言語の意味する性格形成因子のa1からa5の基本単位は、三次元空間の何らかの物質因子と共鳴すると言う従来の考え方と、三次元空間に媒介している何らかの物質因子が言語そのものに反映しているという考え方があります。

 

時空では何らかの物理的な性質に変化した物質因子が磁場を介して脳のある部位に反映し、脳内では基本単位a1からa5は何かに翻訳されたインパルスの情報が単純にデジタルに記号化され、個々のニューロンに情報が伝達されて初めて一つの性格をつかさどるニューロン集合体を形成していると推測することができます。

 

姓名に由来した性格形成因子の数値に起因して一つの性格をつかさどるニューロンの集合体を形成する現象を考察すると性格は遺伝性ではないことは明らかで、気質は持って生まれた性格という意味では姓名に由来して無意識に備わった性格のことを指します。

 

脳内のニューロンは外的要素の性格形成因子の数値に対応する能力をすでに備えていると仮定すると、姓名を起源に一つの性格が備わる現象が異次元の世界を通じて無意識に生命体の脳に反映していることが推測できます。

 

非科学的原理は人間の用いるすべての言語に当てはまる物質因子であるとしたら、三次元空間に媒介する何らかの物質因子a1の集合体は単に性格形成因子ではなく、人間の用いるすべての言語の基本単位ではないかという仮説に発展します。

 

f:id:q9seigakukaiknk:20170330171402j:image