読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目に見えない三次元的世界へ

☆原理2「因子の数の物質的エネルギー要素」

非科学的現象において無意識の世界で性格が「具わる」時の物質的エネルギー要素は性格形成に起因する性格形成因子の数の集合体です。

 

因子の数と相関関係にある物質的エネルギー要素の性格形成因子の数の集合体は、異次元の世界で何らかの原子または分子的要素に変化しているのではないかと推測します。

 

性格が姓名を介して必然的に具わるには何らかの要素が三次元的に存在しているという推測は非科学的現象の結果から評価するもので、何らかのエネルギー的な仕組みが宇宙空間に存在しても不思議ではないと考えます。

 

性格形成の要素が外的要素であることは間違いありません。生命体を形成する内的要素の細胞には性格形成の遺伝性はない事が非科学的現象の結果を踏まえると明らかです。

 

性格を形成する時の外的要素の何らかの物質的エネルギーの性格形成因子の数の集合体が何らかの原子または分子的要素を保有したエネルギーが三次元的に変換されて脳のある部位に反映し、それにニューロンが反応して性格が形成されるという仮説を立てました。

 

性格形成因子の数の集合体はa1.a2.a3.a4.a5の基本単位からなり、その基本単位の原子または分子的構成はa1の集合体からなっています。

・a1=(単体) ・a2=(a1+a1)・a3=(a1+a1+a1)

・a4=(a1+a1+a1+a1) ・a5=(a1+a1+a1+a1+a1)

 

人間の性格形成に反映する何らかの物質的エネルギー要素は、人間の生命体の脳に反映する何らかの空間格子の様な目に見えないエネルギー構造が三次元的に存在していると言う推測に発展します。