読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非科学的現象を考える…再確認

人間の生命体を形成する要素の一つが約60兆の細胞です。その中に人間の性格を形成する要素は含まれていないと言うのが非科学的現象の結果の評価です。

 

人間に性格が備わる要素は姓名の言語の意味する数値の何らかのエネルギーが影響しているのではと考えています。しかも瞬間に…実に不思議な現象が起こっています。

 

姓名の言語そのものを生まれたばかりの赤ちゃんが聴覚を介して脳が認識し性格が具わっているとは考えられません。

 

遺伝的要素として、生命体の約60兆の細胞の遺伝子には性格形成要素は含まれていないことが非科学的現象の結果から判断できますので両親の遺伝子には性格に反映する要素はないということです。

気質という諸説もありますがその根拠は見当たりません。

 

子供の自己主張が現れるのが2〜3才頃です。

片言の言葉で自己意思を伝えようとします。

この時点で具わっている性格が認識できます。

 

大人になると姓が変わる要素に結婚や離婚.養子縁組などがあります。

姓が変わると当然姓名の文字の組み合わせが変わり、それに伴って文字の意味する数値が変わり性格に変化が現れることがわかりました。

 

例外的に、姓が変わって文字の意味する数値が変わった場合でもその合計数が姓が変わる前と同数の場合は、性格は変化しないことがわかりました。

 

人間は約60兆の細胞であらゆる器官を構成し生命体を維持し機能しています。

性格は自己存在的価値を唯一示すもので、世界共通の姓名を介して「具わっている」ことが非科学的現象で確信を得ました。

 

この二つの要素の関係性が伴って初めて生命体に意識を備え一人の人間として機能していることが非科学的現象の仮説から考察できました。