読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューロンの集合体が性格を形成する⁈

人間科学に…ニューロンが集団になると単一細胞である個々のニューロンとは違って、遺伝子とは別種の情報を処理することが可能になる。

脳においてすべての情報はニューロンの興奮、すなわちインパルスに関連した「なにか」に翻訳されるとしか考えられない。

インパルスそのものが脳で情報が記号化する時の基本単位であるとすれば、脳におけるすべての情報は極めて単純にデジタルに記号化されている事になる…とあります。

 

非科学的現象の観点から外的要素の性格形成因子a1からa5の何らかの物質因子が脳においてインパルスに関連した「なにか」に翻訳されているとすると、人間科学のインパルスそのものが脳で情報が記号化する時の基本単位であるなら性格形成因子a1からa5の基本単位は脳内では単純にデジタルに記号化されているという考え方ができます。

 

言語の意味する性格形成因子のa1からa5の基本単位は、三次元空間の何らかの物質因子と共鳴すると言う従来の考え方と、三次元空間に媒介している何らかの物質因子が言語そのものに反映しているという考え方があります。

 

時空では何らかの物理的な性質に変化した物質因子が磁場を介して脳のある部位に反映し、脳内では基本単位a1からa5は何かに翻訳されたインパルスの情報が単純にデジタルに記号化され、個々のニューロンに情報が伝達されて初めて一つの性格をつかさどるニューロン集合体を形成していると推測することができます。

 

姓名に由来した性格形成因子の数値に起因して一つの性格をつかさどるニューロンの集合体を形成する現象を考察すると性格は遺伝性ではないことは明らかで、気質は持って生まれた性格という意味では姓名に由来して無意識に備わった性格のことを指します。

 

脳内のニューロンは外的要素の性格形成因子の数値に対応する能力をすでに備えていると仮定すると、姓名を起源に一つの性格が備わる現象が異次元の世界を通じて無意識に生命体の脳に反映していることが推測できます。

 

非科学的原理は人間の用いるすべての言語に当てはまる物質因子であるとしたら、三次元空間に媒介する何らかの物質因子a1の集合体は単に性格形成因子ではなく、人間の用いるすべての言語の基本単位ではないかという仮説に発展します。

 

f:id:q9seigakukaiknk:20170330171402j:imagef:id:q9seigakukaiknk:20170330171402j:image

三次元空間と磁場と脳内作用

言語を介して人間の脳に反映する基本単位a1からa5の結合体が確定した瞬間に三次元空間に媒介する何らかの物質が何らかの物理的な性質に変化して脳に反映する時の時空では磁場の何らかの作用要素が影響を及ぼしているのかも知れません。

 

外的要素の性格形成因子の基本単位a1からa5の結合体が脳のある部位に反映して性格が備わる非科学的現象を考察すると、時空では何らかの物理的な性質が変化して脳に何らかの影響を及ぼす磁場は基本単位の結合体にどのような要素がどのように作用しているのか、従来の物理的な理論ではあり得ない現象が起こっているのかも知れません。

 

人間の必然的に持ち合わせる一つの性格は、性格形成因子の結合体が三次元空間に媒介する何らかの物質に反応し、物理的な性質に変化して脳のある部位に反映した時、脳内では何らかのパルス信号に変換された情報がニューロンに反応した瞬間一つの性格をつかさどる神経細胞ニューロンの集合体〕の結合組織が形成されるのではないかと推測します。

 

「人間の世界共通の姓名を起源に導かれる性格のタイプは9つしかありません。その中の一つの性格は姓名の言語を介してのみ、性格形成因子のa1の集合数に置き換わって初めて性格は備わります。人間か授かる姓名(本名)は1つです。備わる性格も1つです」

「それ以外の性格のタイプに起因する性格形成因子の結合体が三次元空間に媒介しているかも知れない何らかの物質と結合作用は起こらないため、脳に反映する何らかの物理的な性質に変化することはないと考えます」

 

人間の生命体を形成する約60兆の細胞の遺伝性に関係なく、脳内には九つの性格をつかさどる神経細胞ニューロンの集合体)を構成する要素が既に存在していると推測すると、一つのの性格が備わる条件の姓名が確定した時点で九つの中の一つの性格の神経細胞ニューロンの集合体)の結合組織が形成されると非科学的現象の観点から推測します。

 

「九つの性格の神経細胞の中の一つの性格の神経細胞ニューロンの集合体)の神経回路を通じてニューロン間で情報交換するとき、他の性格をつかさどる神経細胞の神経回路はすべて遮断され結合していないため、他の性格の情報はニューロン間で情報交換されないことが非科学的現象の原理の検証から判断できます。

f:id:q9seigakukaiknk:20170304085729j:image

 

非科学的現象から時空を考える

3次元空間を超える世界は現実的に未知の領域です。

非科学的現象の原理が人間の生命体の脳に反映するとき、時空では何らかの物理的な性質が瞬間に変化しているのではないかと思わせる現象が起こっています。

 

人間は生命体を形成する内的要素の約60兆の細胞で様々な器官を形成しています。

そして人間としての存在的価値は外的要素の姓名を介して性格が具わって初めて機能します。

人間はこの二つの要素の因果性が成り立って始めて無意識の意識が働きます。

性格が具わらなければ人間本来の個性は現れないということです。

 

姓名の言語が意味する性格形成因子a1からa5 の何らかの物質が性格形成に反映している事は非科学的現象の検証から明らかです。

 

従来の物理学の世界の素粒子やひも理論や多次元宇宙等とは全く異なる非科学的現象の理論は物理的には考えられない現象かも知れませんが、性格形成の要素の言語の意味する何らかの物質の5つの因子の結合体が3次元空間に媒介しているとしたら、性格が具わる瞬間の現象は何らかの物理的な性質の存在を示唆しています。

 

性格に反映するときの必須条件は「生命誕生に伴って赤ちゃんの名前を戸籍に登記した時」や「結婚や離婚、養子縁組など姓の変更に伴い移籍届けをした時」です。

 

必須条件を完了した瞬間に非科学的現象は3次元の空間で何らかの物理的な性質が変化して人間の脳に作用していると推測します。

 

性格形成要素の因子a1からa5の5つの因子の結合数は、性格形成の要素とは別に、人間の用いる言語の根源的な基本単位ではないかと仮定する事ができます。

 

人間の生き方や考え方は具わる性格によって異なり、それに伴った意識が働きます。

人間環境の中で言語は意思伝達など情報交換の役割をします。その環境で媒介する言語はすべて因子a1からa5の結合数の何らかの物質に変化して3次元空間では正4面体の結合体が言語を介して何らかの物理的な性質に変化していると推測すると5つのプラトン立体を想像します。

 

非科学的現象の原理の言語の意味する因子が脳に反映するすべての基本単位であると仮定すると…人間が言語を認識する根本原理は人間科学の「人間の生命体の脳内では言葉を記号として固定すればその言葉を人間は外部に出さずに「頭の中に」言葉として表象できる」と同一視すると…非科学的現象の原理は世界の文字文化に関係なく言語は世界共通の人間形成の根源的な要素なのかも知れません

f:id:q9seigakukaiknk:20170218182731j:image

 

 

 

三次元の世界が見えてくる

性格形成因子の基本単位a1からa5は何らかの原子または分子的な機能性物質として宇宙に存在するのかも知れません。

 

地球上のすべてのものは原子の集合体を構成している物質は、突き詰めれば分子の集合体であり宇宙は素粒子の世界です。

 

人間の生命体を構成している物質も元素であり、原子で構成された分子の集合体ですから人間の脳に反映する時の物質的エネルギーは言語を意味する単純な原子または分子構造をした機能性物質が存在するのではと解釈できます。

 

人間の無意識の世界で瞬間に起こる非科学的現象から、人間の性格形成要素に起因する何らかの物質が三次元の世界に存在していると仮定すると一つの答えが見えてきます。

 

性格形成因子の基本単位a1からa5をまったく新しい何らかの物質とした場合、原子は陽子と中性子からなる原子核があり、その周囲は電子が取り巻き、光子が電磁場内の相互作用を媒介しているという物質の構造の基本的な要素と関連づける事ができます。

 

非科学的現象の三次元の世界の姓名に由来した言語の意味する性格形成因子の数(a1)は正4面体に20個まで結合しその繰り返しをします。

 

非科学的現象の性格形成に反映するときの性格形成因子の数の結合体の変化に応じて性格が具わるとき、まるで4次元の世界を示唆する実に不思議な現象が起こります。

 

非科学的現象は、人間の生命体を形成する約60兆の細胞とは別の人間の性格形成に反映する何らかの物質が3次元の宇宙空間に存在しているかの様に実感させてくれます。

 

f:id:q9seigakukaiknk:20170203171425j:image

 

 

 

目に見えない三次元的世界へ

☆原理2「因子の数の物質的エネルギー要素」

非科学的現象において無意識の世界で性格が「具わる」時の物質的エネルギー要素は性格形成に起因する性格形成因子の数の集合体です。

 

因子の数と相関関係にある物質的エネルギー要素の性格形成因子の数の集合体は、異次元の世界で何らかの原子または分子的要素に変化しているのではないかと推測します。

 

性格が姓名を介して必然的に具わるには何らかの要素が三次元的に存在しているという推測は非科学的現象の結果から評価するもので、何らかのエネルギー的な仕組みが宇宙空間に存在しても不思議ではないと考えます。

 

性格形成の要素が外的要素であることは間違いありません。生命体を形成する内的要素の細胞には性格形成の遺伝性はない事が非科学的現象の結果を踏まえると明らかです。

 

性格を形成する時の外的要素の何らかの物質的エネルギーの性格形成因子の数の集合体が何らかの原子または分子的要素を保有したエネルギーが三次元的に変換されて脳のある部位に反映し、それにニューロンが反応して性格が形成されるという仮説を立てました。

 

性格形成因子の数の集合体はa1.a2.a3.a4.a5の基本単位からなり、その基本単位の原子または分子的構成はa1の集合体からなっています。

・a1=(単体) ・a2=(a1+a1)・a3=(a1+a1+a1)

・a4=(a1+a1+a1+a1) ・a5=(a1+a1+a1+a1+a1)

 

人間の性格形成に反映する何らかの物質的エネルギー要素は、人間の生命体の脳に反映する何らかの空間格子の様な目に見えないエネルギー構造が三次元的に存在していると言う推測に発展します。

 

非科学的現象の仮説の検証

人間は無意識の中でどの様な性格が「具わっている」のか…姓名を介して具わっている性格を認識する数値も一種の言語です。

 

脳は言語を目や聴覚で認識しているのではないという評価が非科学的現象の仮説です。

 

非科学的現象を何らかの物理的作用要素に置き換えると空間環境において性格形成に起因した何らかのエネルギーは「三次元的」な作用要素が働いていると推測されます。

 

非科学的現象の結果からはっきり認識できることは、姓名の組み合わせに応じて性格が備わり変化するとき「四次元的」な現象が起こっています。

 

従来のあらゆる理論にも当てはまらない、しかも存在しない人間の生命体の脳に反映するとする非科学的現象の仮説を検証するためには、これまでの理論との関連性を考慮し非科学的現象の理論の視点で考察する必要があります。

 

常識の世界では絶対ありえない事が非常識の世界に存在する非科学的現象の仮説を理論的に検証ができると、意識できない人間本来の性格の実体を科学的または物理的に証明する事ができるのではないかと期待するところです。

 

数値は性格を認識するときの基本数ですが、すでに具わっている性格を数値で認識する事ができるという事は、数値とは異なる何らかの要素が性格形成に起因している事を示しています。

 

性格形成に起因する何らかの要素に意味をもたせて物理的エネルギーの因子の数に置き換えると言語の意味する数値との相関関係が確認できます。

 

姓名の言語は物理的エネルギーの因子の数の集合体を意味し、性格形成要素の結合体を成した何らかの物理的空間格子構造の「三次元的」エネルギーを保有していると推測します。

 

非科学的現象の何らかの物理的空間格子構造の三次元的エネルギーが生命体の脳のある部位に四次元的に作用している無意識の世界の出来事は神秘的で未知の世界なのです。

 

 

非科学的現象を考える…再確認

人間の生命体を形成する要素の一つが約60兆の細胞です。その中に人間の性格を形成する要素は含まれていないと言うのが非科学的現象の結果の評価です。

 

人間に性格が備わる要素は姓名の言語の意味する数値の何らかのエネルギーが影響しているのではと考えています。しかも瞬間に…実に不思議な現象が起こっています。

 

姓名の言語そのものを生まれたばかりの赤ちゃんが聴覚を介して脳が認識し性格が具わっているとは考えられません。

 

遺伝的要素として、生命体の約60兆の細胞の遺伝子には性格形成要素は含まれていないことが非科学的現象の結果から判断できますので両親の遺伝子には性格に反映する要素はないということです。

気質という諸説もありますがその根拠は見当たりません。

 

子供の自己主張が現れるのが2〜3才頃です。

片言の言葉で自己意思を伝えようとします。

この時点で具わっている性格が認識できます。

 

大人になると姓が変わる要素に結婚や離婚.養子縁組などがあります。

姓が変わると当然姓名の文字の組み合わせが変わり、それに伴って文字の意味する数値が変わり性格に変化が現れることがわかりました。

 

例外的に、姓が変わって文字の意味する数値が変わった場合でもその合計数が姓が変わる前と同数の場合は、性格は変化しないことがわかりました。

 

人間は約60兆の細胞であらゆる器官を構成し生命体を維持し機能しています。

性格は自己存在的価値を唯一示すもので、世界共通の姓名を介して「具わっている」ことが非科学的現象で確信を得ました。

 

この二つの要素の関係性が伴って初めて生命体に意識を備え一人の人間として機能していることが非科学的現象の仮説から考察できました。