読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の不思議…性格が決まる始まり

文字や音は一種の暗号かも知れません。
赤ちゃんだろうが胎児だろうが、先天的に身体的な不都合があっても無意識の中に具わる性格は五十音が基本になっています。「Right」さんも「Light」さんもフルネームが同じなら同じ性格になります。

 

疑問はさらに疑問を抱かせます!

五十音の意味はそのうち分かります…性格が確定する要素は人間の生命体に存在する何らかの非科学的原理がある様です。

 

日本には戸籍制度があります。戸籍登記を境に性格が具わったり変化している事からその認識で判断しています。

仮に結婚相手がわかったからと言って性格はその時点で変化しません。入籍した時点で変化します。

例えば織田信長の本名は「おだきちほうし」が幼名で徳川家康の本名は「まつだいらたけちよ」が幼名です…両者の性格の特徴は幼名で分析すると生き方や考え方が幼名に現れています。

この事から戸籍制度がポイントではないのです。

性格に反映するのは絶対条件の姓と名の組み合わせが確定した時点で性格に反映しているのは確かてます。

国によっては登記制度のない国もあります。結婚してもフルネームはそのままですから生命誕生に命名された名前の持つ性格の存在的価値は変わらない様です。

だから結婚して「こんなはずではなかった」が起こらない様ですね。