読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間は天然知能ロボット⁈

人間の脳に存在している無意識の性格は人間をコントロールするキーステーション!

 

無意識の性格は必然的に姓名の言語がある物質に変化して人間の生命体(脳)のある部位に反映すると仮定し、その物質が何らかの機能性要素に変化すると脳内のニューロンが一つの性格を有する集合体を形成すると、人間をコントロールするキーステーションが完成します。

 

人間にしかあり得ない姓名という言語を介してのみ具わる性格は、脳内の9つのタイプの神経回路の内の一つの性格のタイプの神経回路が結合して一つの性格のニューロンの集合体が形成され機能します。

 

一つの性格から発信される無意識の心の意思を脳に指示すると人間はその意思に従って無意識に忠実に性格の持つ能力を機能させます。

 

必然的に具わっている無意識の性格から発信される無意識の心の意思がニューロンの集合体の神経回路を通して人間の意識する心に伝達されると、人間は無意識の性格の持つ特性に沿ってコントロールされているとは認識できず、現実の人間関係では自分自身の意思であるかの様に人と世の中と関わっています。

 

無意識の心の欲求はそれぞれの性格のタイプの特性によって現れる性質は異なりますが、基本的に共通する無意識の心の意思は「どうありたいか」「どうあるべきか」「どうしたいか」の心を満たす事に能力は使われます。

 

人間は無意識の心にコントロールされている事は認識できなくても、必然的に具えた無意識の一つの性格の心の働きに従って無意識に自然に自分自身をコントロールする能力を備えて自分の意思で機能させる事ができる天然知能ロボットなのです。

 

人工知能ロボットは人間が機能を持たせるのに対して、人間は、人は世の中はそして自分自身は「こうあるべき」や「こうありたい」事への自己願望を満たそうと無意識に意識する心を持った天然知能ロボットなのかも知れません。