読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三次元空間と磁場と脳内作用

言語を介して人間の脳に反映する基本単位a1からa5の結合体が確定した瞬間に三次元空間に媒介する何らかの物質が何らかの物理的な性質に変化して脳に反映する時の時空では磁場の何らかの作用要素が影響を及ぼしているのかも知れません。

 

外的要素の性格形成因子の基本単位a1からa5の結合体が脳のある部位に反映して性格が備わる非科学的現象を考察すると、時空では何らかの物理的な性質が変化して脳に何らかの影響を及ぼす磁場は基本単位の結合体にどのような要素がどのように作用しているのか、従来の物理的な理論ではあり得ない現象が起こっているのかも知れません。

 

人間の必然的に持ち合わせる一つの性格は、性格形成因子の結合体が三次元空間に媒介する何らかの物質に反応し、物理的な性質に変化して脳のある部位に反映した時、脳内では何らかのパルス信号に変換された情報がニューロンに反応した瞬間一つの性格をつかさどる神経細胞ニューロンの集合体〕の結合組織が形成されるのではないかと推測します。

 

「人間の世界共通の姓名を起源に導かれる性格のタイプは9つしかありません。その中の一つの性格は姓名の言語を介してのみ、性格形成因子のa1の集合数に置き換わって初めて性格は備わります。人間か授かる姓名(本名)は1つです。備わる性格も1つです」

「それ以外の性格のタイプに起因する性格形成因子の結合体が三次元空間に媒介しているかも知れない何らかの物質と結合作用は起こらないため、脳に反映する何らかの物理的な性質に変化することはないと考えます」

 

人間の生命体を形成する約60兆の細胞の遺伝性に関係なく、脳内には九つの性格をつかさどる神経細胞ニューロンの集合体)を構成する要素が既に存在していると推測すると、一つのの性格が備わる条件の姓名が確定した時点で九つの中の一つの性格の神経細胞ニューロンの集合体)の結合組織が形成されると非科学的現象の観点から推測します。

 

「九つの性格の神経細胞の中の一つの性格の神経細胞ニューロンの集合体)の神経回路を通じてニューロン間で情報交換するとき、他の性格をつかさどる神経細胞の神経回路はすべて遮断され結合していないため、他の性格の情報はニューロン間で情報交換されないことが非科学的現象の原理の検証から判断できます。

f:id:q9seigakukaiknk:20170304085729j:image