読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非科学的現象から時空を考える

3次元空間を超える世界は現実的に未知の領域です。

非科学的現象の原理が人間の生命体の脳に反映するとき、時空では何らかの物理的な性質が瞬間に変化しているのではないかと思わせる現象が起こっています。

 

人間は生命体を形成する内的要素の約60兆の細胞で様々な器官を形成しています。

そして人間としての存在的価値は外的要素の姓名を介して性格が具わって初めて機能します。

人間はこの二つの要素の因果性が成り立って始めて無意識の意識が働きます。

性格が具わらなければ人間本来の個性は現れないということです。

 

姓名の言語が意味する性格形成因子a1からa5 の何らかの物質が性格形成に反映している事は非科学的現象の検証から明らかです。

 

従来の物理学の世界の素粒子やひも理論や多次元宇宙等とは全く異なる非科学的現象の理論は物理的には考えられない現象かも知れませんが、性格形成の要素の言語の意味する何らかの物質の5つの因子の結合体が3次元空間に媒介しているとしたら、性格が具わる瞬間の現象は何らかの物理的な性質の存在を示唆しています。

 

性格に反映するときの必須条件は「生命誕生に伴って赤ちゃんの名前を戸籍に登記した時」や「結婚や離婚、養子縁組など姓の変更に伴い移籍届けをした時」です。

 

必須条件を完了した瞬間に非科学的現象は3次元の空間で何らかの物理的な性質が変化して人間の脳に作用していると推測します。

 

性格形成要素の因子a1からa5の5つの因子の結合数は、性格形成の要素とは別に、人間の用いる言語の根源的な基本単位ではないかと仮定する事ができます。

 

人間の生き方や考え方は具わる性格によって異なり、それに伴った意識が働きます。

人間環境の中で言語は意思伝達など情報交換の役割をします。その環境で媒介する言語はすべて因子a1からa5の結合数の何らかの物質に変化して3次元空間では正4面体の結合体が言語を介して何らかの物理的な性質に変化していると推測すると5つのプラトン立体を想像します。

 

非科学的現象の原理の言語の意味する因子が脳に反映するすべての基本単位であると仮定すると…人間が言語を認識する根本原理は人間科学の「人間の生命体の脳内では言葉を記号として固定すればその言葉を人間は外部に出さずに「頭の中に」言葉として表象できる」と同一視すると…非科学的現象の原理は世界の文字文化に関係なく言語は世界共通の人間形成の根源的な要素なのかも知れません

f:id:q9seigakukaiknk:20170218182731j:image