読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非科学的現象の仮説の検証

人間は無意識の中でどの様な性格が「具わっている」のか…姓名を介して具わっている性格を認識する数値も一種の言語です。

 

脳は言語を目や聴覚で認識しているのではないという評価が非科学的現象の仮説です。

 

非科学的現象を何らかの物理的作用要素に置き換えると空間環境において性格形成に起因した何らかのエネルギーは「三次元的」な作用要素が働いていると推測されます。

 

非科学的現象の結果からはっきり認識できることは、姓名の組み合わせに応じて性格が備わり変化するとき「四次元的」な現象が起こっています。

 

従来のあらゆる理論にも当てはまらない、しかも存在しない人間の生命体の脳に反映するとする非科学的現象の仮説を検証するためには、これまでの理論との関連性を考慮し非科学的現象の理論の視点で考察する必要があります。

 

常識の世界では絶対ありえない事が非常識の世界に存在する非科学的現象の仮説を理論的に検証ができると、意識できない人間本来の性格の実体を科学的または物理的に証明する事ができるのではないかと期待するところです。

 

数値は性格を認識するときの基本数ですが、すでに具わっている性格を数値で認識する事ができるという事は、数値とは異なる何らかの要素が性格形成に起因している事を示しています。

 

性格形成に起因する何らかの要素に意味をもたせて物理的エネルギーの因子の数に置き換えると言語の意味する数値との相関関係が確認できます。

 

姓名の言語は物理的エネルギーの因子の数の集合体を意味し、性格形成要素の結合体を成した何らかの物理的空間格子構造の「三次元的」エネルギーを保有していると推測します。

 

非科学的現象の何らかの物理的空間格子構造の三次元的エネルギーが生命体の脳のある部位に四次元的に作用している無意識の世界の出来事は神秘的で未知の世界なのです。